藍に秘められた美肌パワーの秘密とは

藍染

 

藍、というと思い浮かべるのは、紺色のような紫のような・・・その独特の青みのある色ではないでしょうか。

 

現在ではジャパンブルーと呼ばれ、世界中でもこの藍色が日本独特の色として認知されはじめています。藍の染料の原料は、花から抽出するわけではなく、葉の部分が使用されます。

 

植物の藍は一般的な植物同様緑色の葉で、その葉をちぎるなどして切り口をあらわにすると、その切り口から青い色の水分がでてきます。

 

これが、藍染に使われるのです。

 

古くから青色の染料として使われており、その歴史は奈良時代から始まっていると言われています。

 

こうした染料としての利用が一般的な藍という植物のイメージですが、実は藍は、薬草としても歴史があります。

 

現在でも漢方に使用されている他、健康食品などにも藍の成分が配合されているものもあり、自身の生活の中で知らず知らずのうちに藍を摂取していることがあるかもしれません。

 

また、摂取するだけではなく、外側から塗るような薬としても利用されています。

 

特に藍は肌の傷を治すために利用されており、薬品というかたちではなく、その傷の治癒や健康な肌を保つために藍染の肌着を着用するということもあるようです。

 

この薬草としての藍が、美容にも効果があるとして注目されています。

 

藍の肌に与えるいい効果とは

スキンケアする女性

 

藍を取り入れるには、塗り薬や化粧品などを利用した外側から働きかけるものと、藍を摂取することによって体の内側から働きかけるものの2パターンがあります。

 

どちらもそれぞれ健康と美容に良いとされていますが、まずは外側から藍を取り入れることによる効果をご紹介します。

 

小さな傷を治すことに利用される薬としての藍は、肌を正常な状態に戻すサポートとしてとても大切な働きがありますが、化粧品など、スキンケアに藍を取り入れることによって「美肌」をサポートするという働きも期待できます。

 

そのひとつが、藍のもつ美白作用です。

 

藍にはメラニンが生成される際に必要とされる酵素の一種、チロシナーゼの合成を阻害する働きがあります。

 

これによって、シミの原因となるメラニンの生成が抑制されます。

 

シミの原因となるメラニンの生成が抑制されることによって、シミができにくい肌になり、結果として美白肌を望むことができるのです。

 

紫外線を浴びることが多い季節などには、このようなメラニンの生成を抑制する働きがあるスキンケアアイテムは必須です。

 

また、藍に含まれるトリプタンスリンという抗菌作用がある成分には、皮膚の炎症を抑えるなどの抗菌作用があり、肌を清潔に保つためにも効果を期待できます。

 

空気中の花粉や目に見えないゴミで肌は汚れていると言われていますが、それ以外にも、様々な雑菌によって肌は汚染されています。

 

肌にとって不要なそれらの菌の働きを抑制するためにも、抗菌作用のあるスキンケアアイテムは重宝します。

 

自分では気付きにくい肌のトラブルの原因を予防するためにも、抗菌作用の高い藍を取り入れたスキンケアは効果的と言えるでしょう。

 

肌以外にも藍は身体にいい作用がある

ワキを気にする女性

 

藍のもつ抗菌作用は、体臭を抑えることにも作用します。

 

いわゆる「汗くさい」といったにおいや体臭は、汗や皮脂だけが原因ではありません。それらが雑菌と一緒になることによって、不快なにおいを発生させます。

 

身につけている衣類は、とくに雑菌が発生しやすい箇所です。

 

生乾きの洗濯物が不快なにおいをはっすることがありますが、衣類が汗で湿った状態になるとそこに雑菌が発生し、同じようなにおいを発します。

 

藍には、このにおいが発生する原因のひとつである雑菌や、あせもの原因になる菌にも静菌効果があります。

 

藍を塗布したり摂取するだけでなく、藍染のインナーや服も抗菌・防臭効果が高く、この不快なにおいを軽減してくれます。

 

敏感肌の方にも負担なく利用できるのが魅力的です。

 

藍は青汁など健康食品にも多く採用される

藍は、健康食品などにも多く採用されている植物です。

 

藍の持つ効果は、漢方薬にも利用される通り、体内に取り入れることによっても効果を発揮します。藍は食物繊維や鉄分のほか、普段の生活で不足しがちな亜鉛もしっかりと含まれています。

 

食物繊維の含有量は一般的な青汁によく使用されるケールなどの約2倍と特に豊富です。

 

女性に多い便秘解消にも有効な食物繊維は、腸の働きを良くする効果があり、糖質や脂質の吸収もゆるやかにするなど、ダイエットや生活習慣病改善にも役立ちます。

 

また、腸の働きが良くなると肌のハリやツヤも良くなるという見た目にも嬉しい効果があります。

 

そして、藍は健康食品やサプリメントの他にも、ハーブティーや粉末を利用したスイーツなども作られています。

 

食用として利用できる藍は、人体に影響を及ぼす可能性がある薬品を使用せずに手間暇かけて栽培されるため、貴重な存在です。

 

生食で食べることはほとんどありませんので、スーパーなどで見かけることはまずありません。

 

しかし、藍の持つ特徴的な効果は体に良い影響を与えるため、美容や健康に関わるアイテムに多く採用されています。

 

洗顔石鹸で光る藍の効果

藍を利用したスキンケアアイテムのひとつとして、洗顔石鹸があります。

 

藍を使用した洗顔石鹸は、先述の通り、汚れを落とし肌を清潔に保つためにとても有効です。

 

また、敏感肌の方も使用することができ、肌トラブルが多い方も藍の持つ効能が少ない刺激で洗い上げてくれます。

 

石鹸の素材の配合により、洗い上がりのつっぱり感や乾燥も極力抑えられています。

 

染料のイメージが強く、あまりケアアイテムとしてのイメージが無いため、藍がスキンケアとしてとても有効であることが広く認知されていませんが、是非普段のスキンケアに取り入れて、肌の健康と美容に役立ててください。