クラウンセルクリームはココが違う

クラウンセルクリームの特長

 

クラウンセルクリームは、他の化粧品と比べて「どこを保湿するか」という着眼点が違います。

 

一般的に化粧品は、肌の表面近くにある角質細胞を中心とした保湿ですが、クラウンセルクリームが保湿するのは細胞間脂質と呼ばれる部分。

 

角質細胞だけを保湿しても細胞間脂質に潤いは届かず、皮膚の表面からどんどん蒸発してしまいます。

 

皮膚は肉眼で見れば強固な膜のように見えますが、実はその表面は穴だらけなんです。だから奥まで届かない水分は再び蒸発するので保湿の効果が弱くなります。

 

クラウンセルクリームの正しい保湿なら、芯から潤う肌を手に入れられますよ。

多くの人が保湿を誤解している?

保湿に不満を感じている女性

 

高い美容液や化粧水なのに、思ったより保湿できない・・・

 

そんな経験をしたことはありませんか?

 

乾燥肌だからとにかく水分、と考えてせっせと皮膚に塗り込んでいたのに、なんだから付ける前より乾燥してるなんてことも。

 

皮膚が含める水分は限界がある

そもそも皮膚には蓄えられる水分の上限があるので、それ以上化粧水などで水分をつけても意味がありません。そればかりか、蒸発する時にもともとの水分も持っていってしまうのでよけい乾燥する原因になります。

 

しかも、一生懸命塗りつけるときの肌への刺激も馬鹿にできません。こすることで肌の表面が荒れ、穴だらけになって水分がより蒸発しやすい状態になっている可能性もあります。

 

正しい保湿は「水分の蒸発を防ぐ」こと

保湿成分を肌へ届けることはもちろん大切ですが、それと同じくらい重要なのは「含んだ水分をいかに蒸発させないか」につきます。

 

ここでカギになるのが先述した細胞間脂質

 

角質細胞と角質細胞の隙間を埋める細胞間脂質は、例えればレンガとレンガをくっつけるモルタルのようなものです。

 

細胞に直接水分が入るわけではなく、この細胞間脂質に水分が入り込み、長くとどまることで保湿は実現されます。

 

つまり、細胞間脂質の保湿をいかにキープするか、が潤い肌をつくるポイントになります。

クラウンセルクリームの配合成分は

クラウンセルクリームには、細胞間脂質での保湿をサポートする成分がたくさん配合されています。

 

ヒト型セラミド

細胞間脂質まさにそのものといえるのがこのセラミド。細胞間脂質の主要な成分であり、このセラミドなくして保湿は語れません。

 

クラウンセルクリームはたくさんあるセラミドの種類の中でも、人体がもともと持っている組成に近いヒト型セラミドを配合。だから敏感肌の方でも刺激を気にせず使うことができます。

 

γリノレン酸

γリノレン酸は人間の体に必要不可欠な必須脂肪酸のひとつ。生活習慣病の原因となるLDLコレステロール値や血糖値、血圧などを下げる効果があるほか、肌の健康を保つ働きがあり、アトピー性皮膚炎に対する効果も。

 

食品ではカシス油や月見草油に含まれますが十分な量を摂取するのは難しく、サプリメントなどで補うのが一般的になっています。

 

ヒアルロン酸

わずか1gで6リットルもの水分を保持できるヒアルロン酸。プロテオグリカンなどより保水力のある成分も出てきていますが、今なおメジャーな保湿成分として親しまれています。

 

セラミドもそうですが、このヒアルロン酸も年齢とともに体内量が減ってしまうことがわかっており、何らかの方法で積極的に補うことが重要になります。

 

PCA-Na

正式名をdl-ピロリドンカルボン酸ナトリウムというPCA-Naは、角質層にあるNMF(天然保湿因子)の約1割を占める重要な物質です。

 

角質の水分量をアップさせ、小じわやハリ改善の効果があるPCA-Naは、大豆やはちみつなどにも含まれている成分です。もともと体内にあるものなので刺激性もほぼなく、安心して使うことができます。

 

便利なオールインワンタイプ

1本の指

 

クラウンセルクリームは、これ一本でケアが完了する便利なオールインワンタイプです。

 

通常、スキンケアをするなら洗顔、クレンジングにはじまり、化粧水、美容液、乳液、クリーム、各種スポットケアなどさまざまなアイテムを使うことになりますよね。

 

顔の肌に付ける時は当然指や手を使うわけなので、塗れば塗るほど肌への接触回数はふえていきます。

 

スキンケアは毎日のことなので、何年もの期間で考えると、皮膚への接触や刺激は無視できないレベルになる可能性もあります。

 

オールインワンなら、一本でひととおりのケアができるので、当然ですが肌への接触は少なくなります。

 

敏感肌や乾燥肌、ところどころ炎症が起きて赤みを帯びているなど、健康なときと違って弱っている肌だからこそ、日頃無意識にやってしまうムダな刺激も意識することは大切ですね。

クラウンセルクリームの価格は

クラウンセルクリームはトライアルセットなどはありませんが、最初の購入は980円と大幅割引で手に入ります。

 

ただしこれは定期コース継続が条件なので、続けたくなければ解約の連絡をする必要があります。

 

よく、タチの悪い販売方法で「定期は3回以上の継続が条件〜」というものがあったりしますが、クラウンセルクリームはそんなことはなくいつでも解約が可能です。

 

この点は安心ですね。ただ、解約の場合は商品が届く日の10日前までにする必要があるので、うっかり連絡を忘れることがないように注意しましょう。

 

ちなみに定期コースだと定価が5,616円(税込)のところを4,440円(税込)になります。

 

オールインワンタイプで低刺激のセラミドクリームを探しているなら、クラウンセルクリームは一度試してみる価値はあると思います。

 

↓↓初回980円でいつでも解約OK!↓↓

クラウンセルクリーム