身体が冷えると肌も弱ってしまう理由

オフィスのエアコンで寒がる女性

 

年々暑くなる夏、もはやエアコンなしでは過ごせないほどですよね。

 

近年クールビズが提唱され、エアコンの設定温度も冷えすぎないようにと気遣われていますが、そうは言っても、クールダウンのために「涼しさ」を感じられる温度にされているのではないでしょうか。

 

特に、男性の多い職場だと暑がりな方が多くて温度がかなり低くなっていることが多々あります。

 

人間には、暑い時は発汗を促し体温を下げ、寒い時は血管を収縮させ熱を逃がさないようにするという体温の調節機能をもつ自律神経があります。

 

四季の移り変わりのように自然に外気の温度が変化していけば、自律神経もきちんと働き体温調節を行うことができますが、夏、炎天下から涼しい室内へ入るなどという急激な温度変化には即座に対応できません。

 

このような急激な温度変化による自律神経の乱れは、冷え性などを引き起こす原因にもなります。

 

冷風によって直接冷やされることはもちろんですが、室内外に大きな温度変化を作り出すという点においても、エアコンは身体の冷えに大きく関わっていると言えます。

 

肌や身体の冷えはくすみや乾燥の原因に

身体が冷えることで毛細血管が縮みこみ、その結果血行不良が起こります。

 

血液が滞ると、必要な栄養素を運ぶことや老廃物を排出することが滞り、肌にくすみや乾燥といったトラブルを引き起こしてしまいます。

 

さらに、血行不良は肌の細胞分裂のスピードにも影響を与えます。

 

これは肌のターンオーバーを遅らせることにつながり、ターンオーバーの過程で作られる「肌に必要な油分」が必要とするスピードで作られなくなってしまいます。

 

結果、普段は油分によって蒸発が防がれていた肌の水分が蒸発してしまい、乾燥肌になってしまうのです。

 

また、ターンオーバーの乱れは、新しい肌に生まれ変わる際に本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質を残し、くすみの原因を作ることにもつながります。

 

肌や身体の健康を維持するためには十分な血液が必須なので、阻害されるとさまざまなトラブルが現れるのは自明の理ですね。

 

エアコンでの上手な適温設定の方法は

エアコンのリモコン

 

男性と女性ではその筋肉量の違いにより、体感温度が数℃も違うと言われています。

 

エアコン28℃を目安として設定し、冷えを感じる方がいれば適宜設定温度を上げることも必要です。

 

近年のエアコンは自動温度調整機能があり、省エネだけではなく、室温の上昇や下降に合わせて風量や温度を調節して、人間の身体にも負担が出にくいように作られているものがあります。

 

ただ冷やすばかりでなく、このような自動運転を利用して、室温を一定に保つことも効果的です。

 

先述の通り、外気温との大きな差が自律神経を乱してしまうため、なるべく外気と大きな差が出ないように温度設定をするのが理想ではありますが、近年の夏の外気温を考えると一概には言えません。

 

無理をして設定温度を引き上げて、身体の熱をうまく発散できなくなってしまうと、熱中症が心配されます。

 

当たり前のことではありますが、エアコンによって「寒い」と感じたら、それは適正な温度ではありません。

 

自分一人であればエアコンの設定温度を上げる、オフィスや商業施設など多くの人と共有する場所であれば、服やブランケットを利用して、意識的に身体を冷えから守る必要があります。

 

冷えすぎを防ぐのに役立つグッズ

おすすめのジェスチャーをする女性

 

夏のエアコンによる冷えから肌や身体を守るには、いろいろな方法があります。

 

季節柄、温めすぎる方法は逆に不快になりますので、あくまで快適な体感温度に役立つアイテムを中心にまとめました。

 

サーキュレーター

エアコンによる部屋の冷えすぎを防ぐには、サーキュレーターなどを併用して室内の空気を循環させることも、冷えすぎ防止に効果的です。

 

冷たい空気は下方にたまりやすいため、エアコンだけでは足先ばかりが冷えてしまいます。

 

空気を循環させることにより身体がピンポイントで冷えてしまうのを防ぐことができ、省エネにもつながりますのでおすすめです。

 

靴下やブランケット

空気の循環が難しい場所では、足先を温めるグッズが効果的です。

 

エアコンが作り出す室内は、頭寒足熱とは反対の、頭(上方)に暖かい空気が押し上げられ足(下方)に冷たい空気がたまっている状態です。

 

五本指ソックスや冷えとりに効果的な重ねばき用の靴下、靴用カイロなどを利用して、足先を温めるようにしましょう。

 

膝から下を広範囲に温めるブランケットも、一年中用意しておきたいアイテムですね。

 

ハンカチやタオル

身近にある冷えすぎを防ぐグッズが、ハンカチ・タオルです。

 

炎天下で汗をかき、そのままエアコンの効いた室内で汗が乾くのを待っていませんか?

 

自律神経が働き、発汗によって体温調節を行なっていたところ、突然冷房で身体を冷やしてしまうと、この自律神経に大きな負荷がかかってしまいます。

 

また、汗自体も体温を奪っていきますので、ハンカチやタオルで汗をきちんと拭くことが冷え過ぎを防ぐためにとても有効です。

 

近年の夏の外気温では、熱中症の恐れもあるため、エアコンを全く使わないというのも難しいかもしれません。

 

しかし、熱中症を予防し、快適に過ごすための道具であるエアコンで、冷えという別の症状を発症してしまっては元も子もありません。

 

エアコンを上手く利用して、身体に負担の少ない環境を作りましょう。